米バイオ・ラッド ラボラトリーズ 2018年第1四半期の決算報告を発表

Print

Date: 05/08/2018

2018年5月8日 – カリフォルニア発-ライフサイエンス研究用機器および試薬、体外診断用医薬品および医療機器の製造販売をグローバルに展開するバイオ・ラッド ラボラトリーズ社(Bio-Rad Laboratories Inc. 本社:米国カリフォルニア州ハーキュリーズ、NYSE:BIO, BIOb)は、2018年第1四半期(1-3月期)決算を発表しました。

2018年第1四半期の純売上高は、前年同期の5億10万ドルから10.3%増の5億5,150万ドルとなりました。為替変動の影響を除いた場合は前年同期4.5%増となりました。2018年第1四半期の売上総利益率は54.8%、前年同期は54.0%でした。

ライフサイエンス部門の第1四半期の純売上高は1億9,780万ドルとなり、前年同期から13.5%増加しました。為替変動の影響を除いた場合は8.9%増でした。この為替変動の影響を除いた売上高増には、主にDroplet Digital PCR、プロセスクロマトグラフィー、およびセルバイオロジー製品ラインが貢献しました。この為替変動の影響を除いた売上高増加には、主に北米、欧州、および中国での伸びが反映されています。

臨床診断薬部門の第1四半期の純売上高は3億5,080万ドルで、前年同期から8.9%増加しました。為替変動の影響を除いた場合は2.4%増でした。この第1四半期の為替変動の影響を除いた業績には、免疫検査、糖尿病検査、および精度管理製品の伸びが反映されています。この為替変動の影響を除いた売上高増には、主に北米とアジア太平洋地域での伸びが貢献しました。

第1四半期の純利益は6億5,680万ドル、希薄化後1株あたりでは21.77ドルでした。これに対し前年同期は1,240万ドルの純利益、1株あたりでは0.41ドルでした。2018年第1四半期の純利益には、主にSartorius AGへの投資に関連した、株式の時価評価変更分8億1,590万ドルを損益計算書に計上したことに伴う押し上げ効果が大きく反映されています。この株式投資に関する時価評価変更は2018年に発効した新しい会計基準に基づいて行われたものです。

2018年第1四半期の有効税率は24%で、これに対し前年同期は38%でした。この有効税率の低下は、主に株式評価の変更に伴う収入が大きく増加したこと、ならびに米国連邦政府法定税率の35%から21%への引き下げが2018年に発効したことによるものでした。

バイオ・ラッド ラボラトリーズ社のノーマン・シュワーツ(Norman Schwartz)社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「多くの製品ラインと地域での着実な成長を反映した、第1四半期の業績に勇気付けられています。これにより2018年を通じた売上高と利益率両方の拡大に向け大きな勢いを得ることができました。」

GAAPベース業績
  2018年第1四半期 2017年第1四半期
売上高(百万ドル) $551.5 $500.1
売上総利益率 54.8% 54.0%
営業利益率 7.9% 5.2%
純利益(百万ドル) $656.8 $12.4
希薄化後1株当たり利益 $21.77 $0.41
 
非GAAPベース業績
  2018年第1四半期 2017年第1四半期
売上総利益率 55.7% 57.0%
営業利益率 9.7% 7.4%
純利益(百万ドル) $35.4 $20.2
希薄化後1株当たり利益 $1.17 $0.68

GAAPと非GAAP業績の対比は本プレスリリースに含まれる財務諸表の後に記載しています。非GAAPでの調整項目には取得無形資産の償却、買収関連の費用と利益、事業再編、減損費用、株式投資の評価額変更、訴訟に伴う大きな支出または利益と法的費用、および独立して発生した法人税関連のできごとと、これらの非GAAP調整項目に対する法人税の影響が含まれます。

非GAAPの利益と非GAAPの1株あたり利益(非GAAPのEPS)は非GAAPの指標であり、本プレスリリース中の「非GAAPの業績報告について」と題されたセクションに記載する特定の項目が除外されています。非GAAPの純利益と非GAAP EPSからはまた、単独で発生した、または繰り返しが予想できない利益と損失、これらの項目に関する税引当金/利益、および単独で発生した重要な税関連事象も除外されています。

2018年第1四半期の非GAAP純利益は3,540万ドル、希薄化後1株当たり1.17ドルでしたが、これに対し前年同期は2,020万ドル、希薄化後1株当たり0.68ドルでした。2018年第1四半期の有効税率は27%で前年同期は35%でした。

下表に2018年第1四半期と2017年第1四半期についてGAAPベースと非GAAPベースの純利益と希薄化後1株当たり利益を比較しています。

    2018年第1四半期   2017年第1四半期
GAAP純利益 $656,774   $12,413
  取得無形資産償却 6,879   6,788
  法的事項 3,679   3,538
  買収関連(利益)費用 (1,618)   600
  事業再編費用 1,038   -
  保有株式の評価変更 (815,934)   -
  その他の非回帰性項目 (9,208)   -
  非GAAP調整額に対する法人税の影響 193,751   (3,145)
非GAAP純利益 $35,361   $20,194
         
GAAPベースの1株当たり利益 $21.77   $0.41
非GAAPベースの1株当たり利益 $1.17   $0.68

2018年の業績見通し

2018年通年について、バイオ・ラッドは引き続き為替変動の影響を除外した売上高が約3.5%から4.0%の伸びを示し、また為替変動の影響を除外したGAAP営業利益率が10%に改善すると予想しています。この見通しについてはバイオ・ラッド経営陣による電話会議にてさらに詳細をお伝えする予定です。

シュワーツは次のように述べています。「第1四半期は2018年の計画達成に向けた良き第一歩となりました。またエンドマーケットでの上向きトレンドと利益率拡大の見通しにより、バイオ・ラッドは2020年の目標に向けて引き続き順調に歩みを進めています。」

非GAAPの業績報告について

バイオ・ラッドは一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)に基づく財務指標に加え、取得無形資産の償却、買収関連の特定の費用と利益、事業再編費用、資産減損、保有株式の評価変更、および訴訟関連の大規模な費用または利益ならびにそれに伴う法的費用を除外した、非GAAP純利益と非GAAP EPSを含む特定の非GAAPベースの財務指標も使用しています。非GAAP純利益と非GAAP EPSからは、単独で発生した、または繰り返しが予想できない利益と損失、これらの項目に関する税引当金/利益、および単独で発生した重要な税関連事象も除外されています。これらの項目は通常の営業外の事項である事、あるいは将来の期間については正確に予測することが難しい場合である事、あるいはその両方に該当するため除外しています。

バイオ・ラッドは業績全体の分析と評価、事業に関する判断、将来の期間を対象とした予測と計画、および報酬制度の下での支払金額決定に関し、GAAPと非GAAPの両方のさまざまな財務指標を使用しています。バイオ・ラッドは非GAAP指標の使用が事業運営の成果を評価するにあたって有用であると考えています。また非GAAP指標を開示することにより、それらがGAAPに基づき作成された財務指標を置き換えることはないものの、当社の財務および事業運営実績を検証するにあたってさらに大きな透明性を確保できると考えています。具体的には、バイオ・ラッド経営陣は以下の理由に基づき除外項目を調整しています:

取得無形資産の償却: バイオ・ラッドによる事業と資産の取得は、予測可能なサイクルに基づいて行うものではありません。取得無形資産の購入金額と償却期間はそれぞれの買収または購入ごとに大きく異なります。取得無形資産の償却を除外することにより、財務諸表の検証、過去と現在の業績の把握、および同業他社との比較が容易になるとバイオ・ラッドは考えています。

買収関連の費用と利益: バイオ・ラッドには買収に関連して、取引費用、条件付対価負債の評価額変更、既存の関係の清算に伴う利益または費用などの費用または利益が発生します。これらの費用または利益は買収に関わるものであり、通常業務とは直接的に関係しないため除外しています。

事業再編、減損費用、および株式投資の評価額変更: バイオ・ラッドには予想外の状況による、または多くの場合には通常の業務外において発生する、またはその両方に該当する、使用する個々の資産または資産のグループに関する再編および減損費用、ならびに株式投資に関する評価変更から生じた費用と利益が発生することがあります。これらの事象はGAAPベースの業績には反映されますが、それぞれの独自性のため継続事業を過去または将来の期間と比較するにあたって制約が生じる場合があります。

訴訟に伴う大きな支出または利益と法的費用: バイオ・ラッドには、コア事業とは無関係の訴訟およびその他の偶発的事象に関連して、支出または利益と法的費用が発生する場合があります。これらは継続事業と業績を反映したものではないと考えており、したがってこれらの支出または利益が大きな額に上る場合、および重要な法的事項に関する法的費用については除外しています。

法人税費用: バイオ・ラッドは非GAAPベースの法人税引当金の計算を目的とし、税引前金額に適用される非GAAPベースの年間有効税率を判断するため、上記の除外項目による税額への影響を推定しています。またその性質、または税法上の司法管轄区、またはその両方に伴い、特定の税率または取り扱いが必要な項目についても調整しています。

また今後も適宜、投資家と経営陣に有益な情報を提供するという目標に照らして適切と考えられる場合には、他の項目も除外する可能性があります。

非GAAP財務指標の使用には、それが一般に公正妥当と認められた会計原則に基づいて作成されるものではなく、また他の企業が使用する非GAAP業績指標とは異なる可能性があるために制約が存在します。非GAAP財務指標が持つ価値も、GAAPに基づく業績に重要な影響を与える可能性を持つ項目が除外されているため制約を受けます。非GAAP財務指標は、それを単独で使用する、または米国GAAPベースに基づき作成された対応する指標の代替となると見なされるべきものではありません。投資家の皆様には、非GAAP財務指標とそれに対応するGAAP財務指標との比較表をご覧いただくようお願いします。

Conference Call and Webcast

この業績については、2018年5月8日太平洋時間午後2時(東部時間午後5時)からバイオ・ラッド経営陣による電話会議が開催されます。参加を希望される方は、電話番号855-779-9068(米国内)または631-485-4862(米国外)にて暗証番号7876416をご利用ください。この電話会議のライブ・ウェブキャストには、www.bio-rad.comの"Investor Relations"の"Quarterly Results"からアクセス可能です。ウェブキャストは約1年間お聞きいただけます。

【バイオ・ラッド ラボラトリーズ社について】 バイオ・ラッド ラボラトリーズ社は、科学の最先端で事業を行うとともに、ライフサイエンスの研究支援製品と臨床診断用製品を世界各地で製造販売しています。バイオ・ラッドは質の高い製品と顧客サービスを提供する会社として、世界中の病院、大学、主な研究機関のみならず、バイオテクノロジーや製薬企業からも広く認知されています。1952年に創立され、カリフォルニア州ハーキュリーズに本社をおくバイオ・ラッドは、グローバルなネットワークを通じて世界中の研究者と企業の顧客にサービスをご提供しています。バイオ・ラッドは世界中に8,000人余りの従業員を擁し、2017年の売上高は21億ドルを超えています。詳しくはwww.bio-rad.comを参照ください。

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)および1934年証券取引所法(Securities Exchange Act of 1934)規則21Eの規定する「将来予測に関する記述(forward-looking statements)」が含まれています。将来予測に関する記述は一般に「確信する」、「予想する」、「可能性がある」、「予定である」、「意図する」、「推定する」、「継続する」、または同様な表現やそれらの否定形などの用語によって判別可能です。こうした記述には、リスクと不確実性が含まれており、これによって実際の結果が将来予測に関する記述に示される、または示唆されるものから大幅に異なる可能性があります。当社のリスクと不確実性の詳細については、直近のフォーム10-Kによる年次報告書、フォーム10-Qによる四半期報告書、およびフォーム8-Kによる最新報告書を含む、当社が米国証券取引委員会に提出した報告書の「Risk Factors」セクションをご覧ください。将来予測に関する記述は本プレスリリース時点での分析のみを反映し、その時点においてのみ有効なものであり、このような記述には過度の信頼を置かないようご注意ください。バイオ・ラッド ラボラトリーズ社はこれらの将来予測に関する記述を更新する一切の義務を否認いたします。

<本件に関するお問い合わせ先>

ゴリンジャパン
バイオ・ラッド ラボラトリーズ広報担当 加藤
TEL:03-5484-6001/Fax:03-5484-6005

 


 

バイオ・ラッド ラボラトリーズ
連結損益計算書-要約

 (単位:千ドル)
(監査前)
      
      2018年第1四半期(1月~3月)
      2018   2017
純売上高   $551,519   $500,051
  売上原価   249,316   229,988
売上総利益   302,203   270,063
      
  販売費及び一般管理費   209,130   194,402
  開発費等   49,427   49,452
営業利益   43,646   26,209
      
  支払利息   5,782   5,316
  為替差損   1,254   1,789
  保有株式の評価変更   (815,934)   -
  その他の収益   (11,145)   (1,043)
税引前利益   863,689   20,147
      
  法人税等    (206,915)   (7,734)
純利益    $656,774   $12,413
      
基本的1株当りの利益:        
  純利益   $22.05   $0.42
          
  加重平均普通株式数   29,787   29,580
           
希薄化後1株当りの利益:    
  純利益   $21.77   $0.41
           
  加重平均普通株式数   30,171   29,911

プレスキット
Sign Up for Bio-Rad Updates!
最新ニュース、プロモーション情報取得を希望される方は、下記にメールアドレスを入力して下さい。